カードローンの「ブラックリスト」って何?

「ブラックリストに載っているからカードローンで借金ができない」とか「ブラックだから審査には通らない」という人がいますね。この「ブラックリスト」とは何でしょうか?ブラックになったら一生そのままなんでしょうか?自分が「ブラックリスト」に載っているかどうかどのように確かめられるでしょうか?いろいろな疑問があると思うので、ひとつずつ説明していきたいと思います。

ブラックリストとは

実はカードローンにおいて「ブラックリスト」なるものは存在しません。「ブラックリスト」に載るというのは
信用情報機関に事故情報が載るということです。クレジットカードやカードローンの申し込みをする時には必ず自分の個人信用情報が信用情報機関に登録されることに同意しなければなりません。同意しないと契約ができないので、お金を借りたりクレジットカードを作ることができません。登録される個人信用情報には氏名や住所、電話番号、生年月日など本人を特定できる情報が含まれますが、そのほかに、カードローンの契約内容や契約日、返済の状況、借入の状況も登録されます。また、債務整理や延滞の記録も登録されます。一般に債務整理や延滞をしてそれが信用情報機関に登録されている状態を「ブラックリストに載っている」とか「ブラック」の状態にあると言います。

ブラックでも借りれる?

いったんブラックリストに載ってしまうと一定期間はカードローンで借り入れをすることができません。カードローンの申し込みをすると審査がありますが、その際に金融機関や消費者金融は信用情報機関にその人の個人信用情報を問い合わせます。その時に債務整理や延滞の記録が残っているなら、大手消費者金融や銀行カードローンの審査には通りません。ただし、比較的規模の小さい消費者金融の中にはブラックの人でも借りれるところがあります。債務整理をすると5年間はその記録が信用情報機関に登録されるのですが、小規模の消費者金融では債務整理をして3年ほど経過していれば、借りれる場合もあります。ただし、「ブラックでも借りれる」という消費者金融の中にはヤミ金もあるので気を付けてくださいね。ちなみにいったんブラックになっても5年が経過すれば信用情報機関からは延滞や債務整理の登録は抹消されるので、銀行や大手消費者金融のカードローンでもお金を借りれるようになります。ただし、自己破産は全国銀行個人信用情報センターという信用情報機関に10年間登録されます。

自分がブラックかどうか確かめる方法

今までにカードローンやクレジットカードを利用したけれど自分の個人信用情報にどんなことが登録されているか知りたいという場合がありますね。その時は信用情報機関である日本信用情報機構(JICC)、CIC、全国銀行個人信用情報センターのいずれかに問い合わせてください。個人信用情報の開示の申し込みをすると、自分の信用情報を郵送してもらえます。もし、店舗が近くになれば店頭でも開示の申し込みができます。

 

ブラックでも借りれる消費者金融があるとはいえ、ブラックにならないように毎月の返済をきちんとするのがベストですね。カードローンで借りるときにも自分お返済能力を十分考えた上で、どうしても必要な時だけ借りるようにしてくださいね。